一般自動車保険『SGP』
商品・補償内容

特約

弁護士費用特約ではどういうときに補償されますか?
被害事故に関する損害賠償請求や加害事故に関する刑事事件に必要な弁護士費用、弁護士への法律相談費用などを補償します。

ただし、日常生活に関わる事故を含めて補償を希望する場合には「弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)」を、自動車事故のみの補償を希望する場合は「弁護士費用特約(自動車事故限定型)」をセットする必要があります。

<具体例>
・歩行中に、スマートフォンを操作しながら運転してきた自転車にはねられ、ケガをおわされた
→「弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)」をセットしている場合に補償されます。

・信号待ちで停車中に追突された事故や歩行中に信号無視の自動車と接触しケガをしたなどの被害事故で、相手方が損害賠償請求や示談交渉に応じてくれない
→「弁護士費用特約(自動車事故限定型)」または「弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)」をセットしている場合に補償されます。

・自動車を運転中に他人にケガをさせてしまい逮捕され、刑事事件の対応を行う場合
→「弁護士費用特約(自動車事故限定型)」または「弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)」をセットしている場合に補償されます。


※本Q&Aの記載は、2019年1月1日以降に開始する契約についての自動車事故に限定した「弁護士費用特約(自動車事故限定型)」と、自動車事故に加え、日常生活の被害事故に関する損害賠償請求も対象とする「弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)」について記載しています。

※2018年12月31日以前に開始する契約については、「弁護士費用特約」を付帯していただいていても、自動車事故の被害事故の補償に限られ、加害事故による刑事弁護士費用保険金のお支払いはございません。

※記名被保険者(ご契約の自動車を主に使用される方)、その配偶者またはこれらの方の同居のご親族のいずれかの方が、弁護士費用特約を付帯した自動車保険をすでにご契約の場合は、同じ特約を付帯すると補償が重複することがありますので、他のご契約の補償内容を十分にご確認ください。



■関連ページ:
弁護士費用特約
この回答は役に立ちましたか?

ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

ご回答いただきまして、ありがとうございます。
こちらのページについて、ご意見・ご要望等があればご記入をお願いします。

このフォームでいただいたご質問への回答はしておりません。
個別のご質問につきましてはお問い合わせフォームをご利用ください。

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパンまでお問い合わせください。